社会保障と税の共通番号、既存番号と併存へ(読売新聞)

 政府は22日、社会保障と税の共通番号制度の検討会を開き、新たに導入する共通番号制度と、健康保険の被保険者証番号などの既存の番号制度を一本化せず、複数の番号を併存させる方針を確認した。

 番号を一本化すると、病歴などプライバシーに関する情報が一つの番号でつながり、情報漏れの可能性が高まるためだ。

 古川元久内閣府副大臣は会合後、記者団に対し、「いろいろな番号があった方が、セキュリティーやプライバシー保護という観点からいいのではないか」と述べ、個人情報の保護を重視した制度設計を進める考えを示した。共通番号としてどの番号を利用するかについては、「住基ネット(住民基本台帳ネットワーク)が一番幅広く付いている番号だが、外国人は入っていない」と指摘し、今後の検討課題とした。

自宅立ち寄りや飲食で便宜=容疑者に、警部補2人戒告−神奈川県警(時事通信)
09年の医療・福祉の賃金0.7%減―厚労省(医療介護CBニュース)
「くいだおれ」買収に名乗りも…7億円を散財した近ツー元社員(産経新聞)
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%−文科省(時事通信)
参院選1次公認、来月1日にも=小沢氏「島根は最重点区」(時事通信)
[PR]
by nsw4ehsve0 | 2010-02-26 09:28
←menu