フォークリフト下敷き、女性死亡=資材800キロ積み歩道走行−東京(時事通信)

 1日午後4時15分ごろ、東京都葛飾区立石の歩道で、歩いていた80歳ぐらいの女性が約800キロの建築資材を積んだフォークリフトにひかれた。女性は下敷きになり、死亡した。
 警視庁葛飾署は自動車運転過失致傷容疑で、運転していた建築関連会社「稲垣商事」(千代田区)社員柳川富雄容疑者(60)=千葉県船橋市本中山=を現行犯逮捕。容疑を同致死に切り替えて調べるとともに、女性の身元の確認を急いでいる。
 同署によると、同容疑者は容疑を認め、「荷物で前が見えず、気付かなかった」と供述。同社敷地内で、ロール状のゴム製シート(長さ約1.2メートル、重さ約23キロ)約36本を運ぶ作業をしていた。
 いったん敷地外に出て歩道を走行。敷地内の倉庫に運ぶため、右折しようとした際、対向してきた女性を巻き込んでしまったという。 

大胆!道ふさぐように残土投棄、相次ぎ3か所に(読売新聞)
向精神薬 医師が元組員に30万錠横流し 営利目的で摘発(毎日新聞)
<ヒブワクチン>「全員に」未接種で子亡くした両親訴え(毎日新聞)
「浮気と思った」17歳少女を刺した42歳男逮捕(読売新聞)
八ツ場業者 自民議員らに5000万円献金 国交相「談合疑いも」(産経新聞)
[PR]
by nsw4ehsve0 | 2010-03-01 22:53
←menu