戦後最悪は昨年1〜3月期=年13.7%減に改定−内閣府(時事通信)

 内閣府は11日、過去の統計の改定に伴い、2009年1〜3月期の国内総生産(GDP)が実質で前期比3.6%減、年率換算で13.7%減と戦後最悪のマイナス成長を記録したと発表した。
 2月15日の09年10〜12月期GDP速報値の公表時点で戦後最悪は1974年1〜3月期の前期比3.4%減(年率13.1%減)だったが、08年秋のリーマン・ショック後の世界的な不況の影響を受けた09年1〜3月期がこれを下回った。戦後3番目は08年10〜12月期の前期比2.7%減(年率10.3%減)。 

【関連ニュース】
実質年3.8%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値
GDP、実質年1.17%増=1〜3月期
実質年4.0%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に
需給ギャップ、マイナス6.1%=潜在成長率は80年以降最低-10〜12月期

勧奨退職なければ、国家公務員の新規採用44%減(読売新聞)
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕−福岡県警(時事通信)
教え子暴行、雑木林で女児撮影目撃も(読売新聞)
シー・シェパード船長、肉魚ペロリ…菜食のはずが(読売新聞)
外交文書「30年で公開」、外務省が規則制定へ(読売新聞)
[PR]
by nsw4ehsve0 | 2010-03-18 15:33
←menu