<雑記帳>トビウオ使ったカレー限定販売へ 和歌山・串本(毎日新聞)

 和歌山県串本町名産で町魚のトビウオを使った「フライフライカレー」を、串本海中公園センター(同町有田)が、20日〜4月3日に限定販売する。

 海面を優雅に飛ぶトビウオだが、刺し身は脂っこく生臭い。油で揚げてあっさりと仕上げ、味の相性がいいカレーに入れた。名前は「飛ぶ」と「フライ」をかけた。

 トビウオは、高級魚クエなどに押され、消費や知名度で低空飛行気味。同センターレストランの奥孝宏店長は「あまりのおいしさに思わず跳び上がるでしょう」と期待。【山本芳博】

【関連ニュース】
人模様:幻の高級魚クエで町おこし−−稲葉義之さん

鳩山内閣半年…熱気冷め、漂う閉塞感(読売新聞)
癒やしの府住ペット 癒やされぬ無断飼育 ルール無視入居者苦情相次ぐ (産経新聞)
認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など(医療介護CBニュース)
国立劇場のスルガザクラ 2代目のツボミふくらむ春(産経新聞)
離婚後の子供の扱いめぐって日米摩擦 米議員「国際的な子供拉致」(産経新聞)
[PR]
by nsw4ehsve0 | 2010-03-19 22:03
←menu