<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)

 西京銀行(本店・山口県周南市)は19日、融資先の氏名や融資申込金額など個人情報が書かれた関係書類を推定で1786件紛失したと発表した。

 本店営業部の管理で、06年10月〜08年3月の融資分。今年3月9日、本店書庫内で過去の融資資料を探した際に分かった。内部調査の結果、09年2月下旬に実施した書類整理の際に誤って廃棄した可能性が高いという。西京銀にはこれまで紛失した個人情報に関係する問い合わせや苦情などはないという。西京銀は「外部に流出した可能性は極めて低い。再発防止に向け、情報管理を再度徹底する」としている。

 西京銀は09年にも山口支店が振込伝票など約1万2000件を紛失している。

【関連ニュース】
国民生活センター:52人分の個人情報を紛失
情報盗難:生徒1000人分 愛知2教諭、車上荒らし被害
個人情報流出:校長の私有パソコンから 長崎市立中
慶応生協:個人情報を紛失
アリコ:役員報酬の一部返上 顧客情報流出で処分

【無名録】「高売り宣言」でNo.1(産経新聞)
反民主で新党連帯を=略称「日本」使用では反論−石原都知事(時事通信)
「商品に毒物」、ローソン恐喝=現金受け取りに来ず−警視庁(時事通信)
<将棋>羽生が2連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
「カジノ議連」発足 東京?沖縄?北海道? 当面の2カ所、焦点(産経新聞)
[PR]
by nsw4ehsve0 | 2010-04-24 05:58
←menu