関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意−気象庁(時事通信)

 気象庁は1日夕、関東甲信地方では同日夜から2日未明にかけて広い範囲で雪が降り、甲信南部などで大雪になる所もあると発表した。日本の南海上に前線があり、前線上の低気圧が発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過するため。交通機関の乱れや路面の凍結、電線への着雪に注意が必要という。
 2日午前6時までの降雪量は、多い所で、山梨県が30センチ、長野県と関東北部、神奈川県西部、埼玉県秩父地方が15〜20センチ、関東南部の平野部が10センチ。 

【関連ニュース】
日本海側、14日も大雪=引き続き警戒を
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
全国で荒れた天気に=低気圧発達、冬型強まる
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風

センター試験 追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
【from Editor】震災で知った新聞の『力』(産経新聞)
各党代表質問の時間延長=長時間の施政方針受け−衆院(時事通信)
山田洋次監督 「ベルリン」特別功労賞を受賞(毎日新聞)
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」−千葉県警(時事通信)
[PR]
by nsw4ehsve0 | 2010-02-03 09:05
←menu